イケダハヤト氏はなぜ当たり前のことを書いて炎上するのか?

イケダハヤト氏はなぜ当たり前のことを書いて炎上するのか?


「まだ東京で消耗してるの?」という有名なブログを読んでいて疑問に思ったことがあります。なぜイケダハヤト氏は当たり前のことを書いて炎上するのでしょうか?

炎上ブロガー

イケダハヤト氏は一般に炎上ブロガーと呼ばれています。読者を挑発して炎上させることで自分の知名度を上げる、という意味だそうです。最近炎上した記事を読んできたのですが、なぜ炎上したのかわかりません。

当該記事は「サラリーマンが「35年ローン」とかありえないだろwww」というものです。

当たり前のことを言っているだけではないか?

「当たり前」というのは、誰でも書ける記事とか、面白味がないとかそういう意味ではありません。イケダハヤト氏の記事は真似できない個性がありますし面白いです。

しかし、イケダハヤト氏の立場からは35年ローンがバカみたいと思うのは「当たり前」のことですよね。

フットワークの軽い人が、35年間拘束されることを嫌うのは当然のこと

イケダハヤト氏は企業勤めを辞めてプロブロガーとして生計を立てていらっしゃる方だそうです。地方移住というライフスタイルを体現して、東京都から高知県へと移住しました。

この移住は、ブログネタ作りの側面もあるのでしょう。しかし、楽しいからやっている、という側面も多分にあるように見えます。

いずれにせよ、イケダハヤト氏のように思い立ったら地方移住するような方が、35年間拘束されることを嫌うのは当然です。

まあ、記事の論拠は雑な気もしますが。

逆にローンのリスクを受け入れる人がいるのも当然

逆に35年後まで払い続けるリスクを受け入れるのであれば、ローンを組む人がいるでしょう。これもまた自然なことです。

イケダハヤト氏の価値観はマジョリティに逆行している

イケダハヤト氏の価値観はマジョリティの価値観に逆行しています。それ自体は生きづらいことなのですが、イケダハヤト氏の場合はそれをうまく利用しています。

イケダハヤト氏は挑発的だが正直者だ

イケダハヤト氏の記事を読んでいると思うのです。この人は、正直な人だと。少なくとも露骨な炎上狙いで嘘をつくような人間ではありません。そこら辺を頭の悪い人は勘違いしているように思います。

正直に話した結果反響がもらえたから、もっと正直に既成の価値観に反抗しているだけだと私は推測しています。

ではなぜ炎上するのか?

炎上を起こすのはごく少数の心の狭い人間だと聞きます。彼らは、自分と価値観の違う人間が許せないのでしょう。どうして許せないのかは人それぞれでしょうが。

イケダハヤト氏には心の狭い人間を突っついて遊んでいる節がある

イケダハヤト氏の記事が挑発的なのは、事実です。バカの心の狭さに漬け込んだ節はあります。しかし、ブログを読んでいるとそれはブログの面白さの本旨ではありません。

ホリエモン氏の記事でも書いたのですが、やはり、価値観が面白い、これに尽きます。

連作記事「当たり前」シリーズの他の記事もどうぞ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA