Kindle Unlimited(読み放題)が朝日新聞で報道されたが私は辞めない

Kindle Unlimited(読み放題)が朝日新聞で報道されたが私は辞めない


Amazon社のKindle Unlimited(読み放題)の品揃え悪化について、ついに朝日新聞で取り上げられていました。前々から個人ブログでは取り上げられていたのですが、ついにここまで来たかという感じです。

朝日新聞の一面です。何が起きたかは元記事で確認してください。

Amazonの想定を上回って日本人が読書好きだったみたい

端的に言えば、Amazonの想定を上回って日本人(のKindle Unlimitedを登録する層)が読書好きだったみたいですね。もしくは漫画や週刊誌みたいなページ数を大量に稼げるコンテンツが多すぎたのか。出版社への特別な支払いが回らなくなったみたいです。さすがに月980円って安すぎですから。

Kindle Unlimitedのこれからを勝手に予想

写真系コンテンツや漫画、雑誌など、絵・写真系のコンテンツには別料金をかけるんじゃないでしょうか? 書籍の1ぺージと絵・写真系コンテンツの1ぺージって重みが違いますからね。

それでも私が会員を続ける理由

人気本が減っていきますが、それでも私はKindle Unlimited会員を続けていこうと考えています。

なぜなら、

  • 品揃えが悪くとも980円分くらいは簡単に読むから
  • もともと人気本はほとんど読んでおらず、読みたい本は残っているから
  • Kindle Unlimitedで個人出版本を読むのが意外と楽しいから
  • Kindle Direct Publishingで個人出版しており、市況が知りたいから

この4つが主な理由でしょうか。

品揃えが悪くとも980円分くらいは簡単に読むから

もともと読書家な私としては、多少品揃えが悪くなったところで、980円分くらいは簡単に読みます。これが最大の理由です。1日あれば980円くらい読みます。なので、ペイするのが簡単なんです。読みたい本がメジャーな本に偏っている方は辞める理由になるかもしれませんが、私は書籍に関しては雑食です。

もともと人気本はほとんど読んでおらず、読みたい本は残っているから

これは私の趣味趣向の問題ですが、読んでいた本のほとんどはラインナップから消えていません。ですから、月980円なら辞める理由にはなりません。メジャーな本を読まないのは私がマニアックなだけかもしれません。

Kindle Unlimitedで個人出版本を読むのが意外と楽しいから

個人出版本ってクオリティが低そうなイメージですが、意外と楽しいです。クオリティが低いものももちろんありますが、中には光るものもあります。

元来の読書好きもあって楽しく読めています。

Kindle Direct Publishingで個人出版しており、市況が知りたいから

これは完全に私の都合ですが、KDPで出版しており、市況が知りたいのです。Kindle Unlimitedならどんな本が出版されてもチェックできますので。KDPの主流はこれから、Kindle Unlimitedに移っていくと思いますので、この面でも辞めるという選択肢はないかな。

こんな本を出しています。
アスペルガー自閉症スペクトラム越しの日常 (Catriot文庫)
アスペルガー、恋愛を語る: アスペルガーだから書ける恋愛論 (Catriot文庫)

まとめ

そういうわけで、私は辞めません。

ところで、日本人の読書好きがAmazonの想定を上回っていたというのはいい話ですね。

以上「Kindle Unlimited(読み放題)が朝日新聞で報道されたが私は辞めない」でした。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA