「人の価値観に口を出すな」は偽善|尊重と無関心の違い

「人の価値観に口を出すな」は偽善|尊重と無関心の違い


他人の価値観を尊重しなさい、とよく言われます。人の価値観に批判的な態度をとったり、疑問を呈したりすると、他人の価値観にケチをつけるなんてとんでもない、と批判されます。

他人の価値観を無視するのは良いこと?悪いこと?

「ある人の価値観と私の価値観は合わない」らしいと分かった時にどういう態度をとるのか。どうも「他人の価値観を尊重する」ことに対する考え方が違うようです。

ある価値観がおかしいと私が思うことは、その価値観を尊重していないのか?

「ある価値観がおかしいと私が思った」ことは「事実」です。この「事実」を口にすることが、その価値観を尊重していない、というのが私を批判する方の価値観でしょう。

私は何も言わないより言った方がその価値観を尊重している、という立場です。

違うと認めないことは、無関心・無視ではないのか?

これは私の価値観になりますが、違うという事実を認めないのは無関心・無視にあたり、批判するよりなお尊重から遠いものではありませんか?

意見・価値観に対するレスポンスとして、無関心・無視というのは、相手にする価値もないという意思表示です。

その価値観はおかしい、と言ってもらわなければ、価値観を見直すきっかけすら得られない

価値観に疑問を呈すことは、お互いのためになります。お互いにとって価値観を見直すきっかけとなるからです。その機会を奪うことが良いこととは私には思えません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA