タグ別アーカイブ: 常識

「バカと天才は紙一重」は凡人の発想

バカと天才は紙一重と言います。一般人には天才の行動とバカの行動は区別がつかないという意味です。

そもそも「バカ」とは何か?

「バカ」には様々なニュアンスがあります。今回の意味は、常識では理解できない行動をとる人、でしょう。この表現における常識は、話者にとっての常識です。話者が持っている常識から外れた行動をとる人をバカと言って罵っているのです。

しかし、話者が持っている常識は常に正しいのでしょうか? 実際にはそんなことはありません。バカだと言われた側の常識に照らし合わせて、話者を見れば話者の方がバカなのです。

バカも天才も自分の論理を持っている

バカでも天才でも凡人でも、それぞれの人は自分の論理を持っています。どんなにバカに見える行動であっても、当人には当人なりの合理性があります。

天才の論理で見れば、あなたの方がバカなのです。

天才を理解できない人間が天才をバカ呼ばわりする

天才をバカ呼ばわりするのは、天才の行動が理解できていないということです。あなたは天才の行動を理解できない別世界の話だと考えていませんか? もしそうなら、天才の行動がどういう論理の元に行われているかをしっかり見極めるべきでしょう。

それができなければあなたは一生凡人です。